口コミやあらゆるスペックなどから本当に安いプロバイダを見つける!

当サイトは、本当におすすめできるWiMAXのプロバイダーとWiMAX自体の特徴などから口コミ評判などすべてを踏まえて比較しています。

当サイト管理人の私がさまざまなネット回線を使いこなしてきた経験を踏まえた上での本当のメリットデメリットを掲載していきたいと思います。

WiMAXはプロバイダを変更したからといってネットへの接続方式や回線速度などが変わってくるということはありません。

一番見なければいけないポイントとしては、キャッシュバックの割引などを含めた合計金額から導きだした実質的な月額料金です。

一番おすすめのプロバイダはダントツで「VISION」

現時点で一番おすすめのWiMAXプロバイダは「VISION」です。おすすめする理由は次のポイントになっています。

1,特典を駆使することにより実質的な月額料金が一番安く使える

2,キャッシュバックキャンペーンによりかなり得する

3,端末をすぐに発送してもらえて回線が使えるようになるまでが早い

4,最新の端末が最安または無料で使える

5,他社回線からの乗り換えがお得!

WiMAXを初めて使うという人には上記の理由はわかりづらいかと思いますが、簡単に説明すると業界最安で使えて、端末が無料というところが一番のポイントになります。

キャッシュバックの受取もVISIONの場合は翌々月となっていて確実に取り忘れることなく受け取ることができます。

VISIONはもともとの通常プランの月額料金が安いのですが、他の回線業者から乗り換えるときも解約金などをVISIONが代わりに負担してくれます。

なので、今すぐ他の光回線やモバイル回線から乗り換えることができます。

WiMAXプロバイダーの選び方のコツとは?

WiMAXプロバイダをざっと調べてみるだけでも10や20はざらにあります。

WiMAXのプロバイダの月額料金などの調べてみると、訴求方法などはほとんど一緒でどこがどう違うのか一目瞭然というわけにはいきません。

プロバイダーAの訴求:キャッシュバック3万円

プロバイダーBの訴求:解約金負担&端末無料

プロバイダーCの訴求:月額がとにかく安い

WiMAXのプロバイダを調べてみると何十社もあって、いろんなテクニックやマーケティングを使って顧客を獲得しようと必死にバトルを繰り広げています。

方法を大きく分けると何パターン化に分類されますが、初めてWiMAXを導入しようとしている人はどういう風に決めたらいいのかわかりようがありませんよね。

何をベースにWiMAXのプロバイダを選択すればいいのか、今回のおすすめ1位としてご紹介したプロバイダがなぜ1位なの解説していきたいと思います。

WiMAXの選び方で一番見るべきところとは?

WiMAX選びにおいて最大に見るべきポイントというのは表面的な月額料金でもなく、ルーターの無料レンタルでもなく、キャッシュバックの総額でもなく、実質的な月額料金です。

実質的な総支払合計金額というのは、契約期間内における支払総額です。

キャッシュバックやその他の特典などがあれば、月額使用料から引かれて、実質的な月額料金が割引されるという計算になります。

WiMAXを契約するときの事務手数料などの手数料や、端末レンタル出かかった費用はもちろんですが、実質月額料金が加算される要因になります。

実質的な月額費用は次のような算出方法で計算されます。

月額料金×契約月数-キャッシュバック金額+端末代+事務手数料÷契約月数

上記の計算方法から月額料金を計算してみると次のようになります。

◆UQ WiMAX2+の場合

月額4,268円×24ヶ月-キャッシュバック0円+端末代16,500円+事務手数料3,300円÷24ヶ月=5,093円

◆GMOとくとくBB WiMAX2+ギガ放題の場合

月額3,969円×2ヶ月+月額4,688円×34ヶ月-キャッシュバック29,500円+端末代0円+事務手数料3,300円÷36ヶ月=3,920円

上記のようにプロバイダによって基本的な月額料金や契約期間や特典の金額などが違ってきます。

なので、本当に得するプロバイダなのかどうかは上記のような計算方法で算出して、実質的な月額料金という形で比較しなければ意味をなしません。

実際に上記のような契約期間で実質的な費用を計算してみると、UQとGMOとでは1000円くらいの差がありました。

なので、契約期間で考えると2年なら24000円、3年なら36000円もの差ができることになります。

主なプロバイダについての実質月額料金を比較しましたのでご覧ください。

VISION 実質月額:3,848円

GMOとくとくBB 実質月額:3,920円

BIGLOBE 実質月額:4,116円

DTI 実質月額:4,077円

コスパ的にはギガ放題がおすすめ!

ギガ放題プランと普通のプランとでは何が違うのかというと、通信制限の有無になります。

ギガ放題なら月間の通信量制限はなくて使い放題ですが、通常プランなら月間の通信制限が7GBとなっています。

なお、通常プランは7GBプランやライトプランなどともいわれているので、プロバイダ各社で名前が変わるので注意してください。

WiMAX本家のUQではギガ放題のみに移行しつつあります。これからはギガ放題プランのみに統一されていくことも考えられます。

当サイトのページ下部でも解説していますが、2021年から提供開始された5Gという次世代のWiMAXもあります。

こちらのプランはギガ放題プラスともいわれていて、5G専用のプラン料金となっています。

通常プランとギガ放題プランとも違っているのでプラン選びをするときは注意しましょう。

下記の表でも示していますが、最近の動画配信サイトや映画配信サイトやアプリなどの技術革新によって、普段のデータ量というのは格段に跳ね上がっていると思います。

上記のようなことから、データ通信量というのは、動画サイトなどの発展などから考えると上限がなければないほどいいと思います。

なので、コスパ的に考えても一般的なプランを選択するよりもギガ放題プランの方がいいでしょう。というよりも一択といっても過言ではないと思います。

とはいっても、なるべく月額料金を少なくしたいという人や、メールだけしか使わないという人は通常プランでも十分でしょう。

さらにいうと費用を極力抑えたい人はWiMAXすら使う必要もないと思います。

WiMAX以外にも、家の中でも外出先でもどこでも通信できるモバイル通信サービスというのはいくらでもあるので、安いところを選びましょう。

★ギガ放題

実質月額:3,800円~4,800円

通信量:3日間で10GB 月間での制限はなし

用途:オンデマンド、youtube、テレビ会議、ゲーム

★通常プラン

実質月額:3,200円~3,800円

通信量:月間7GBまで

用途:メール、ネットサーフィン

上記のようにギガ放題プランの方がメリットが盛りだくさんとなっています。

ギガ放題と通常プランでは1000円程度しか変わりませんが、1000円でこれだけのメリットを享受できるのですからお得すぎるといえるでしょう。

実は私自身はどちらのプランも使ったことがあるので、メリットデメリットはよくわかっているつもりです。

1,スマホはあらゆるアプリが駆動しているから通信量がかさんでいく

2,月間制限があると精神的につらい

3,月の制限を超えたら来月まで高速通信ができない

ちなみに、WiMAX+5Gにおいては、ギガ放題プラスというプランが用意されていますが、3日間で15GBの制限があります。

なので、WiMAXの3日で10GBの制限が気になる人は5Gのプランに入ることもできます。

WiMAX端末でおすすめのもの

WiMAXを利用するためには端末が必要になってきます。どこのプロバイダでWiMAXを契約したとしても基本的には選べる端末はほとんど同じです。

ここのプロバイダでしか選べない端末というものは存在しません。

どのプロバイダを使ってもWiMAXの端末は5種類くらい選択できますが、正直なところ何を選択すればいいのか迷ってしまいますよね。

プロバイダの中でも何種類か選べるモバイルルーターで現時点で一番おすすめなのがW06という機種です。

WX06という名前が似た機種がありますが、バッテリーが長持ちなのでW06の方が個人的にはおすすめできます。

モバイルルーターなどの端末はすべてのプロバイダで無料となっています。

UQから直接WiMAXを契約しようと思ったら1万円以上かかってしまうのでプロバイダの方がお得ですね。

最近になってプロバイダだけを乗り換えたい人向けにルーターのSIMだけのサービスも提供開始されています。

ですが、バッテリー性能や機能性で圧倒的にアップしているわけではないので、WiMAX端末を持っているのであればSIMのみの契約でもよろしいかと思います。

ですが、今までの使用頻度によってはバッテリー性能が落ちてしまっていることもあるので、端末自体を新しいものに交換するのもありかと思います。

WiMAXの契約期間は何年がお得なの?

光回線業者は皆一様に契約年数の決まりがあり、WiMAXも2年契約と3年契約があります。

契約期間の途中で解約すると違約金が発生してしまうので、一度2年や3年で契約すると、その年数を経ない限り無料で解約することができません。

現在のWiMAXの設定上は1年から3年までの契約期間があります。

プロバイダによって用意されている契約年数というのは違うので、自分がたとえば1年で契約したかったら1年規約が用意されているプロバイダを見つけて契約すればいいと思います。

商業的なルールとして、長い契約期間を使ってくれればその分割引効果が発揮されて、月額料金が安くなる仕組みとなっています。

途中で解約したとしても解約金がほぼただになるプロバイダもあるので、利用期間が決まっていないような時はそういったプロバイダを選びましょう。

なお、WiMAXを短期間しか利用しない予定の人は、WiMAXじゃなくてもいいと思います。

ですが、短期利用でも安定的な回線を使いたい人はWiMAXがおすすめです。

高速通信じゃなくてもいいからちょっとだけインターネットを使いたいという人は、WiMAX以外にもたとえばクラウドSIMなんていうのもありますね。

実質的な月額料金を算出しよう!

現在WiMAXのプロバイダーなど回線業者のプロバイダは最初の数ヶ月だけを安くして、雰囲気だけ安いかのような感じを醸し出す宣伝方式が採用されています。

これはなぜかというと、WiMAXの月額料金が複雑に入り乱れているのです。

たとえばWiMAXのプロバイダーのカシモを見てみると、1ヶ月目が約1400円、2ヶ月目以降は約3600円となっています。

最初の月額料金だけでもしプロバイダーを決定したとすると、翌月には倍以上の金額になってしまうので注意が必要です。

さらに、プロバイダーには契約期間というものがあるので、満了期間までの総支払額を計算しなければ本当に優良なお得なプロバイダーを選ぶことはできません。

WiMAXのプロバイダーすべてにおいて、本当の安さを追求するのであれば、2年なら2年のキャッシュバックやスマホ割りなどの割引をすべて含めた合計額を割り出す必要があるということです。

一つ一つのプロバイダーで宣伝されているぱっと見の表面的な月額料金を見てただ安いからという理由で判断するのは早いです。

上記の項目で解説してきたように、月額料金とキャッシュバックや割引などをすべて合計した実質的な月額を考えて選ぶのが一番最善策です。

当サイトでは、一般的な月額料金から毎月の割引サービスやキャッシュバックなどの値引きを考慮した上での月額料金で算出しています。

以上のようなことから、当サイトでランキングにしているプロバイダーというのは、本当にお得なランキングだといえるでしょう。

確実に受け取れるキャッシュバックにしよう!

ほぼすべてのWiMAXプロバイダーでは、キャンペーンとしてキャッシュバックという特典を支払っています。

キャッシュバックを用意しているWiMAXプロバイダーの口コミで、キャッシュバックの申請手続がめんどくさくて受け取れなかった…なんていうものもありますが、そういうのは一部の悪質なプロバイダーだけです。

一昔前はこういう悪質な長引かせるようなプロバイダーが跋扈していましたが、最近では悪評が広まってそういう悪質な代理店は淘汰されて今ではほとんど残っていません。

今はかなり健全化されていて、メールアドレスを登録しておくと、振り込みに必要な申請がすぐできるようになっています。

最近ではプロバイダーの管理画面からすぐにキャッシュバック申請を執り行うことができるようになりました。

しかも最近ではキャッシュバックキャンペーンを実施する代わりといっては何ですが、月額料金を大幅に値引きするというキャンペーンを打ち出しているところも数多く存在しています。

キャッシュバック分を月額料金から値引きすることにより、お客様が申請手続をする必要すらなくなりますし、メリットだらけになります。

ですが、キャッシュバックは実質的な月額料金を安くするポイントです。顧客に使ってもらいやすい宣伝材料になっていることは間違いありません。

実際に他社よりも安くなることが多いので、キャッシュバックキャンペーンがあるプロバイダと契約するときはきちんとキャッシュバックを受け取るようにしましょう。

契約する前に知っておきたい受け取り申請や方法などについて解説しているのでご覧ください。

なお、キャッシュバックの受け取り時期も短くなっています。

今までのプロバイダは実際に現金が振り込まれるまでに何ヶ月もかかっていたのですが、最近ではすぐに振り込んでくれるサービス性の高いプロバイダーがほとんどになってきています。

こういう改善はユーザーも契約して時間がたっていないこともあるので、もらい忘れもなく申請がしやすいというメリットがあります。

上記みたいに、ユーザーの視点に立ってあらゆるサービスを向上してくれているプロバイダーも選べば見えてくるので、そういった健全なプロバイダーで契約すればメリットが盛りだくさんだと思います。

WiMAXの料金やキャッシュバックからランキングにしました!

WiMAXのさまざまなキャンペーンなどから本当にお得なプロバイダーを比較しました。

以下の月額料金は、一番おすすめプランのギガ放題プランで計算してあります。

★VISION

実質月額:3,848円 基本月額:3,979円 手数料:無料 キャッシュバック:5,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB

実質月額:3,920円 基本月額:4,688円 手数料:3,300円 キャッシュバック:29,500円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB 月額割引コース

実質月額:3,893円 基本月額:3,678円 手数料:3,300円 キャッシュバック:6,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額:3,994円 基本月額:3,971円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★DTI

実質月額:4,077円 基本月額:4,136円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額:4,116円 基本月額:4,378円 手数料:3,300円 キャッシュバック:17,000円 端末料金:880円/月 契約期間:1年

★So-net

実質月額:4,542円 基本月額:4,817円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★UQ

実質月額:5,093円 基本月額:4,268円 手数料:3,300円 キャッシュバック:なし 端末料金:16,500円  契約期間:2年

WiMAXのプロバイダーを比較するときに一番何を重視するべきかというと、基本月額料金ではなくて、実質的な月額料金ですね。

プロバイダーによっては最初の月額料金と2ヶ月目以降の月額料金で料金体系を分けているところもあるので、本当に安いところを見つけるのはいろいろな切り口から検証しなければなりません。

今までも解説してきたように、月額料金を計算した上で、キャンペーンなどの割引を計算して、本当に支払う月額料金を見分けることが肝要となっています。

なお、実質的な総額で比較した場合、2年契約よりも1年契約の方が総合計金額が安くなるのは当然で、一ヶ月あたりに換算してみると逆に高くなるので数字のマジックにごまかされないようにしましょう。

ですが、短期間しか利用しないような人は、あらかじめその期間内で契約しましょう。

現在一番優秀なプロバイダとは?

WiMAXプロバイダー比較表を踏まえて、最新の一番お得なプロバイダーを紹介したいと思います。

第1位 VISION

VISIONは東証一部に上場している、株式会社ビジョンが運営しているWiMAXのプロバイダです。

特徴

実質月額:3,848円 契約年数:3年間

初期費用:無料 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,解約金や違約金がかからない

2,キャッシュバックで月額費用が安い

3,最初の月額料金は日割りなしで無料

4,初月無料で事務手数料も無料!

第2位 GMOとくとくBB

GMOとくとくBBはキャッシュバックや毎月の値引きキャンペーンなどあらゆる特典を用意している優秀なプロバイダーです。

GMOとくとくBBは最新機種の端末が無料でもらえて、ギガ放題プランが業界で一番安く使えるプロバイダーとなっています。

なんとGMOとくとくBBは本契約をしても20日内であれば端末を返品して解約することもできます。

さらに、WiMAXの端末を即日発送してくれるというユーザビリティーの高さがあります。

特徴

実質月額:3,893円 契約年数:3年間

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,高額キャッシュバックか月額料金値引きを選べる!

2,キャッシュバック金額は約3万円

3,月額値引きはギガ放題プランで毎月2849円

4,20日以内なら返品できる

5,モバイルルーターの最速発送!

第3位 カシモ

WiMAXのプロバイダー「カシモ」は回線開通後の初月利用料が1380円で使えるのでおすすめです。

カシモは現金キャッシュバックをしていませんが、その代わり月額料金が安くなっています。

また他にもモバイルルーターの端末の最短即日発送もしています。

特徴

実質月額:3,994円 契約年数:3年間

月額料金:1,518円~3,971円

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,ギガ放題プランが1ヶ月目は1518円

2,初期費用が安くていい

3,WiMAX端末を最短で発送

4,U-NEXTのシネマ見放題プランが1ヶ月目だけ無料

第4位 DTI

DTIの一番のメリットとしては、回線開通後は2ヶ月間は無料で使えるところです。

初期投資額を少なくしたいという人はメリットに感じるのではないでしょうか。

ですが、デメリットとして一般的なWiMAXのプランに入ると事務手数料が5000円となっていて、普通のプロバイダーが3000円なので、かなり割高になっています。

第5位 BIGLOBE

BIGLOBEのメリットといえばなんといっても1年という短期契約が可能なところではないでしょうか。

キャッシュバック自体も本契約をしたらすぐに受け取ることができますし、途中で解約したときの解約金も1000円しかかからないので、他のプロバイダーにはない強みがありますね。

デメリットとしては、他のWiMAXプロバイダーが無料でお客様に譲っているモバイルルーターの端末が毎月800円かかってしまいます。

WiMAXを申し込んでから実際に契約するまで

WiMAXの申し込みから契約してインターネットが利用開始されるまでのステップはどこのプロバイダー経由だったとしてもほとんど変わりません。

1,自分が契約したいプロバイダーで申し込みボタンをクリックする

2,WiMAXのプランを選択します。ギガ放題プランと通常プランがあります。

3,次の画面でWiMAXで使いたいモバイルルーターと細かいオプションを選択しましょう。

4,契約者の個人情報を入力しましょう。名前や住所など。

5,WiMAXでの支払に使う方法を選択。クレジットカードか振り替えか。

6,WiMAXのモバイルルーターが3,4日で届きます。

大まかに分けると上のような申し込みから契約の流れとなっております。1週間もかからずにネットに接続できるというのはとても嬉しいですよね。

圧倒的に短期間でインターネット環境を手に入れられるのはどの光回線やADSLよりもメリットだといえるでしょう。

ちなみに、UQの店舗で契約すれば即日使うことも可能です。

WiMAXを量販店で申し込むのはやめておきましょう

家電量販店でWiMAXを契約するのは、ネット上でお客さんを集めているプロバイダーと比べて圧倒的に損してしまうのでやめておきましょう。

電器屋などでWiMAXを申し込むとキャンペーンなどもほとんどないので、契約年数から換算した1ヶ月あたりの料金が高くなってしまいます。

人気プロバイダーと家電量販店の月額料金を計算してみると明らかに差があるのがわかると思います。

当サイトでも解説してきたように、WiMAXの回線自体はどこのプロバイダーから契約しても変わらないので、キャンペーンなどを活用して実質的な月額料金がとにかく安くなるようなところから契約するべきなのです。

家電量販店から仮にWiMAXを契約したとしてもメリットなどはほとんどありませんので注意しましょう。

WiMAXが発売された当時は家電量販店でWiMAXを契約することにより、そのお店の商品券がもらえていたりするキャンペーンもありました。

しかし、こういった特典はほとんどなくなってしまったので、電器屋さんで契約する必要性がほとんどありません。

さらに、仮にWiMAXを家電量販店で契約したとしても、サービス性能や月額プランなどはUQ本家と全く同じ内容になってしまうので、キャッシュバック以外でも損することになってしまいます。

一部の家電量販店では大型の家電製品のみ割引してくれるサービスがあるようですが、そんなのと大手のプロバイダーのキャンペーンを比べても雲泥の差があります。

とあるサイトなどでは家電量販店で回線サービスを契約すると対面でいろいろ教えてもらえるから安心感が違うなんて説明をしているところもありますが、実は電器屋さんの店員で海鮮に詳しい人なんて一握りしかいないのです。

知っていたとしても上っ面の知識しか持っていないので、その場で解説を受けたとしても自分で調べてみた方がいいですね。

UQの店舗でも契約するともったいないです!

UQWiMAXはネット上にしかないと思っている人もいるかと思いますが、実は実店舗が全国各地にあるのです。

UQスポットではWiMAXの契約をすることもできるので、家電量販店みたいに対面でいろいろな解説をしてもらえます。

UQスポットでのWiMAXの契約は家電量販店と同様おすすめできるものではありません。

UQスポットの店員がいろいろWiMAXについて解説してくれるという利点はありますが、月額料金的にはほとんどメリットがありません。

まず大前提としてUQWiMAX自体がプロバイダーとして活躍していないので、お得な割引キャンペーンなどをほとんど実施していないのです。

WiMAXの一番実質月額料金が安くなるプロバイダーと比較してみると3年間で3万円以上も差があるので、プロバイダーが違うという些細な違いでこれだけ雲泥の差が生まれてしまうのです。

UQのお店での契約もメリットはあります

UQの実店舗でWiMAXを契約したら、端末の在庫があればその日のうちにWiMAXを接続してインターネットを楽しむことができます。

端末さえあればいくらでもインターネット接続ができるので、早さを最優先している人はUQスポットで契約してみるのもいいでしょう。

とはいっても、UQスポットの実店舗はキャンペーンもやってないですし、おすすめできたものではありません。

ですが、WiMAXプロバイダーのGMOとくとくBBやブロードWiMAXでは即日発送にも対応しているので、時間をかけたくないという人はこちらのプロバイダーをおすすめしています。

プロバイダのキャッシュバックを受け取るには?

少数のプロバイダーで行われている、キャッシュバックキャンペーンは基本的に自分で受け取り申請をしなければなりません。

基本的にはキャッシュバックは継続的に使ってくれることが基本条件になっているので、決められた継続期間が過ぎた頃にメールなどでキャッシュバックの連絡があります。

プロバイダーでキャッシュバックキャンペーンを受け取るためには、会員ページにログインして、そのページで振込口座などを登録して申請手続が完了します。

メールでの受信や会員ページでのチェックが必要で、不明なことがあればプロバイダーに聞いてみましょう。

ギガ放題プランの速度制限とは

WiMAXの3日で10GBの速度制限についてここからは解説していきたいと思います。

そもそもWiMAXの通信速度制限というのは、3日間で10GBを超えてしまった次の日から24時間かかるのではなくて、利用者が多くなる夕方から深夜2時までの時間帯だけとなっています。

さらに、通信制限された速度でもダウンロード速度が1Mbpsもあるので、メールやテキストベースのサイトなどは全く停滞なく見ることができますし、動画も見ることができます。

ギガ放題の3日間で10GBの10GBという容量がいったいどれほどのものか解説していきたいと思います。

youtubeの5分くらいの動画を一般的な画質の720Pで視聴すると約50時間くらいになります。

たとえばyoutubeによくある5分くらいの動画を回数で計算してみると500回以上は見られる計算になります。

最近のyoutube動画は広告が関わってきて10分くらいになるものが多いと思います。

5分間の動画で500回以上視聴できるのですから、10分間の動画になると単純計算で250回くらいになり、3日間の制限なので1日あたりに換算すると80回くらいになります。

なお、5Gのプランだと3日間で15GBの通信制限となっているので、ギガ放題よりも5GBもアップしています。

WiMAXを契約してみたいけど通信制限は10GBいくかいかないかという人は、5Gのエリアに居住していなくても15GBで使えるようになるので、WiMAX+5Gで契約してみるのもありかもしれませんね。

現実的にはWiMAXの制限はない

ギガ放題プランは3日間で10GBの通信データ量の制限があると解説してきましたが、月間で換算してみると100GBくらいにしかならないと思っている人は多いのではないでしょうか。

これは一見すると月間100GBしか使えないようにも思えますが、実は何GBでも使えるのです。制限がかかるのは夜の時間帯だけなので、日中は大げさに言ってしまうと1000GBの通信だってできてしまうのです。

以上のようなことから、やろうと思えばいくらでも通信量を増やすことが可能で、月間に300GBでも1000GBでもいくらでも可能なんです。

WiMAXの3日で10GBの制限がかかってしまったら、スマホのデザリングなどで制限時間を潰せば夜中からまた日中のような高スピードでWiMAXを楽しむことが可能になります。

そもそもWiMAXの通信制限がかかったとしても、1Mbpsもありますから、メールのやりとりやテキストサイトなどは余裕でスマートに閲覧することができます。

とはいっても、毎月のように数百ギガバイトもの通信量をおこなっていたら、WiMAXの回線元に目をつけられて特定の制限をかけられてしまうこともあるので注意しましょう。

オプションにはどういったものがあるのか?

自分の必要性に応じていろいろなオプションに加入してみてもいいと思いますが、ネットになれているのであれば下記のようなオプションは不要だと思います。

しかし、ネット環境に慣れていなかったりパソコンに慣れていない人は端末保証はつけておいた方がいいでしょう。

次の表はUQでのオプション加入ができるものになっていますが、そこにプラスしてプロバイダーでのオプション加入もできるようになっています。

オプションによくあるのはセキュリティ系のオプションと、動画や音楽などのエンタメ系のコンテンツになります。

回線系のサービスのオプションは自分で直感的に決めるのがいいと思います。いらないと思ったら余計な出費を抑えられるでしょう。

WiMAXとauは相性が抜群!

WiMAXはUQコミュニケーションズが回線サービスを提供しているので、どこのプロバイダーから契約したとしても条件を満たすことができればauのスマホの月額料金が安くなります。

ここから解説していくのは、auスマートバリューと呼ばれる割引です。

ウルトラギガMAXはUQモバイルのスマホとWiMAX2の同時並列契約で月額料金が500円割引になります。

この月額割引が適用されるのは、UQモバイル側のスマホです。

さらに、auのスマホを使っている人なら加入しておきたいauスマートバリュー。

auで契約したスマホやガラケーを使っている間は永続的に割引が適用されます。

auスマートバリューとは、auのスマホを持っている人がGMOとくとくBBをセットで契約すると、現在使っているauのスマホ利用料が毎月1000円も割引になります。

auで契約しているプランによって開きがありますが、500円から1000円くらいの割引があります。

今現在auのスマホを持っている人はWiMAXを契約するときは必ず使いましょう!

WiMAXの解約料について

WiMAXの契約年数はプロバイダーによって違います。1年から3年までいろいろなタイプがあります。

WiMAXは解約期間を過ぎたらいつでも解約料がかからないのではなくて、決まった月のみが解約料が無料になる仕組みになっているので、自分の解約が無料になるタイミングがいつになるか把握しておきましょう。

次の表は契約開始を1ヶ月目としたときの途中で解約したときの解約料の表になります。

1~13ヶ月目で解約 2年契約:20,900円 3年契約:20,900円

14~25ヶ月目で解約 2年契約:15,400円 3年契約:15,400円

26~37ヶ月目で解約 2年契約:10,450円 3年契約:10,450円

WiMAXを申し込むときは解約できる月をリマインダー登録などしておきましょう。

WiMAXを解約するときの手順

プロバイダーによって解約方法は違ってきますが、ほとんどの場合で次のような方法になります。

電話による解約の申し込みorマイページから解約手続き

プロバイダーはほとんどどこの会社でも解約をするときに他のプランを案内されます。

また他にも途中解約をするときは、途中解約の解約金がかかりますよという解説もあります。

WiMAXの通信速度でテレワークに耐えられるか?

スカイプやズームを使ったオンライン会議は自宅から使っている会社員が多くなっています。

在宅勤務からの会議だけではなくカフェやネットカフェや駅に設置されている一人用の作業個室などから仕事をしている人も急増しているので、WiMAXなどの無線接続が取りざたされています。

カフェやフリースポットでWi-Fiが使えますが、ハッキングされる可能性もありますし、そのWi-Fiの脆弱性があったりします。

WiMAXなら誰かの回線を間借りしているわけではなくて、自分のみが接続できる安心なインターネット環境なので、セキュリティ面からWiMAXを検討している人も増えてきています。

それでは、WiMAXがテレワークに利用可能かということですが、次のようなポイントがあります。

回線スピードや回線の安定性は大丈夫か、3日で10GBの制限がかかって使えなくなるのではないか、など。

これらのような不確定要素がありますが、では実際にWiMAXはこれらの問題を乗り越えられるかについて解説していきたいと思います。

WiMAXはそもそもモバイル回線の中で基地局が圧倒的に多くありますので、ある程度の市町村なら安定した接続もできますし、ビジネス利用も使いやすいと思います。

WiMAXは基本的に、他のモバイルインターネット回線と比べて、回線のスピードだけではなく安定性もあります。

なので、モバイル系の通信サービスを利用するなら、WiMAXが一番おすすめです。

WiMAXの利用を検討しているときは、自分の居住エリアをカバーしているかを確認してからレンタルしてみるのも一つの手です。

スカイプなどを使って、オンライン会議をする人は通信量の制限が気になる人も多いと思います。

WiMAXならギガ放題プランの制限は夕方6時からのみになっているので、日中の会議の制限などはかからないでしょう。

ズーム会議などをやるときも解像度や画角などを小さくしておけば、通信量の増大を抑えることができます。

WiMAXの活用方法にはオンライン会議だけではなくて、ありとあらゆるものがあります。

大学性や専門学生であれば、オンライン授業でWiMAXを使うこともできるでしょう。

オンライン配信などで塾の内容を配信している塾などは、家でも外でもWiMAXで視聴して勉強することができます。

他には、引っ越したばかりで光回線などが使えないときでもWiMAXなら、引っ越したその日からインターネットが快適に利用可能です。

WiMAXで一番おすすめのモバイルルーターとは?

2020年にWX06という機種が発表されたものの、通信速度に若干の変更があっただけで、ほとんどはW06と変わりません。

モバイルルーターを選ぶコツとしては、回線速度が重要なので、W06の方がいいでしょう。

今一番おすすめの優秀な端末のW06の最高下り速度は1Gbpsくらいですが、これはUSB-cで接続した場合の最高速度なので、普通のUSBだったら半分の500Mbpsくらいですが、それでも圧倒的な高速だと思います。

ですが、WX06よりもW06の方が回線スピードが速いので、スピード重視の人ならW06の方がおすすめです。

一番おすすめのホームルーターとは

WiMAXは上記のようなモバイル端末の他にも据え置き型のホームルーターを選ぶことができます。

自宅に高速通信が可能な快適なインターネット環境を導入したいという人で、光回線の工事がめんどうだしお金がかかるからやりたくないという人は、WiMAXのホームルーターがおすすめです。

モバイル端末とホームルーターのメリットデメリットを詳しく解説していきます。

ホームルーターは家の中に据え置きタイプとして使うので、バッテリーが付いていません。なのでACアダプタで接続する使用方法になります。

また他にも、ホームルーターにはモバイル端末にはない、がっちりしたアンテナが搭載されているので、快適なネット環境を実現できます。

一般的に、モバイル端末は手元に持ち歩いて使用しますが、ホーム端末の場合は、部屋の片隅に置いておきます。

上記のようなことから、基地局から離れていたり、パソコンやスマホから離れていても接続しやすいようになっているのです。

WiMAXのホームルーターで今一番おすすめの端末はHOME02です。

接続面だけではなくて、デザインも洗練されていて、あらゆる面からおすすめですね!

ズバリ!モバイルかホームどちらがいいのか?

それでは、上記で解説してきたモバイル端末とホーム端末のどちらがいいのでしょうか。機能性やコスパについてはどういう条件だと一番最強なのか解説していきたいと思います。

それぞれのルーターの利便性やメリットデメリットなどについて解説していきたいと思います。

まずモバイルルーターですが、モバイルルーターは家の中でも外出先でもどこでもインターネット環境が手に入れられるということです。

次にホームルーターですが、こちらはアンテナがしっかりしているので、回線の速度と安定性が高いことと、バッテリーがACアダプタなので無限に持つところでしょうか。

持ち運び型と据え置き型の双方のメリットとデメリットを解説してきましたが、結論を言うとモバイルルーターの方がおすすめですね。

ホームルーターは外で利用することができませんが、モバイルルーターはもちろん外での利用もできますし、家の中でもクレードルを使うことにより据え置きタイプのように使えます。

モバイルルーターでもクレードルを使いながらホームルーターのような使い方ができるので、モバイルの方がおすすめですね。

LTEのネットワークを利用しよう

WiMAXにおいてのLTE接続は、auのLTEを使用した、ハイスピード+エリアモードとなっています。

WiMAXのアンテナが弱くて、auのネットワークが使える仕組みとなっています。

そもそも、スマホの電波とWiMAXの電波は通信方法が異なっているので、WiMAXがつながりにくいところでもauのLTEなら接続しやすいというメリットがあります。

auのLTEなら800Mhzの電波が使われているので、田舎などの地方でも接続しやすいネットワーク環境となっています。

WiMAXが3年契約なら、すべてのプロバイダーで月に1000円が無料で使えます。

月間で7GBのデータ量の制限がありますが、WiMAXで接続しにくい田舎などでは積極的に使いたいですね。

とはいっても、auのLTEで7GBの制限に達してしまった場合はWiMAX2+の制限もかかるので意識しておきましょう。

実際のWiMAXのスピードについて

WiMAXをこれから契約するかどうかを検討している人で一番気になるポイントの一つにどれくらいの速度がでるかというものがあります。

宣伝上は何百Mbpsとうたっているものの、本当に使った時の速度はどれくらいなのでしょうか。

まずそもそも、WiMAXの理論値ですが、だいたい以下のようになっています。

上の表は理論値となっていますが、実測値としては私のWiMAX環境でほぼ安定的に50Mbpsは出ています。

WiMAXの回線速度は使っている環境や、時間帯やすんでいる地域などによってまちまちです。

ですが、WiMAXの基地局は年々利用者が増えていることから、基地局が増設されてきていて、安定性やスピードは上がってきています。

WiMAXと光回線のどちらをとるか?

以下には固定回線とWiMAXの違いを解説しています。

★WiMAX

通信速度:下り速度440Mbps~1.2Gbps 利用場所:宅内、屋外 工事:不要

月額料金:約3,500円~4,600円前後 利用開始まで:最短当日~1週間程度

速度制限:3日間で10GBまたは月間7GB

★光回線

通信速度:下り速度1Gbps~2Gbps 利用場所:宅内のみ 工事:必要

月額料金:約2,000円~5,000円前後 利用開始まで:数週間~1ヶ月以上

速度制限:制限無し

光回線などの固定回線とWiMAXはポイントは全然違いますが、ネットに高速接続するという観点に関しては同じですよね。

自分の目的に合わせた環境を手に入れるのが一番メリットが多いと思います。

WiMAXはIEEEの通信規格にもなっている

WiMAXは世界の通信規格にもなっている技術で標準化されています。

WiMAXは英語の略の頭文字をつなげたものであり、無線での高速通信を提供するために作られています。

そもそもは、地方などで固定回線が届かないラストワンマイルをつなぐための無線規格としての意味が強かったのです。

WiMAXは日本以外では使えないと思っている人も多いと思いますが、昔は世界でも使える可能性があったのです。

もともとは世界のフォーラムで発表しているようなこともありましたが、次第に日本の独自技術として発展を遂げてきました。

ちなみに、日本以外の国でWiMAXを使うときは、外付けではなくて、ノートPCなどの端末にもとからWiMAXの機能が備え付けられているものしか使えません。

WiMAXと他社のモバイルサービスとの比較

WiMAXと比較されるモバイルネット環境に、クラウドWi-Fiや、ワイモバイルというものがあります。

まず最初にチェックしておきたいポイントとしては、回線速度とデータ量制限になります。

WiMAXとワイモバイルはさほど変わらない内容のサービスとなっていて、クラウドWi-Fiは用途によっては使い勝手がいいといえます。

WiMAXやワイモバイルは積極的に映画やゲームやYoutubeなどを楽しめるサービス内容となっています。

他方で、無制限で使えるモバイル環境といわれているクラウドWi-Fiは通信速度が遅いので、メールやネットサーフィンだけが使いたい人向けといわれています。

フールーやネットフリックスやハイビジョンのゲームなどをする人は、クラウドWi-Fiは不向きだといえます。

また、クラウドWi-Fiは安いだけあって、サービスが充実していないので、接続障害などが起きやすいです。

手持ちのスマホでデザリング接続するかWiMAXを使うかどっちがいい?

WiMAXがなかったとしても、スマホでデザリングしてパソコンなどの他の端末をネットにつなげばいいのではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。

そもそもとして、スマホのデザリングを使わずに、WiMAXを契約する意味はどこにあるのでしょうか。

デザリングという機能は、スマホを経由して、携帯電話のネットワークを使ってインターネットに接続する方式です。

タブレットやノートパソコンをスマホを経由してインターネット環境に接続することができるようになります。

デザリングのオプションに入ることにより、スマホ自体のネット接続はもちろんのこと、タブレットなどの端末をすべてデザリングでネットに接続できるようになります。

スマホのデザリングでネットに接続するのと、WiMAXでネット環境を手に入れるのとではほとんど機能的には同じです。

デザリングよりWiMAXの方がすごい理由

デザリング経由でインターネットに接続するよりもWiMAXでの方が断然おすすめになります。

ポイント1 携帯会社のデザリングは制限あり。WiMAXは使い放題で使える。

ポイント2 WiMAXはネット接続に特化しているから利便性が高い。スマホはおまけだから使い勝手が悪い。

ポイント3 携帯会社のデザリングは余計な費用がかかってしまう可能性がある。

以上のようなことから、ゲームやノートパソコンなどを接続するなら、ダントツでWiMAXがおすすめです。

通信データ量を節約したいときは、逆にスマホ自体をWiMAXで接続するというのもありだと思います。

そもそもとして、デザリングはサブ的な機能なので、緊急事態が発生したときのみの接続方式だと思った方がいいでしょう。

WiMAXでも5Gが提供されました

2021年からWiMAX+5Gのサービスが提供され始めました。UQからサービスが開始されてだんだんプロバイダーが拡大していっています。

WiMAXの端末は5G専門でサムスンのモバイル端末と、ZTEのホーム端末の2つの端末があり、ダウンロード速度2.7Gbpsという速度が出ます。

+5Gのこのスピードは、現行の2+の倍以上のスピードになっています。

WiMAX+5Gの通信制限は3日間で15GBとなっているので、WiMAX2よりも5GBも増設されています。

WiMAX+5Gの料金は通常プランと比べて高いのか?

WiMAX+5Gの料金プランはUQにおいて最初のキャンペーンを利用すると、2年契約で毎月約4300円で利用できるようになっています。

WiMAX2+と金額がほとんど変わらないのが最大の特徴となっています。

また、WiMAX+5GにはWiMAX2+のような一般的なプランがないので、ギガ放題プラスというプランがあります。

WiMAXの5Gは出たばかりだけど端末は使いやすいのか?

WiMAX+5Gでは、5G専用の端末が提供されています。

現在の5Gの端末はホームとモバイルで1つずつ用意されています。

WiMAX+5Gはサービスインして間もないので、専用端末が少ない現状となっていますが、続々と増えていくと思います。

WiMAX+5Gのサムスン製の端末としては大きさや重さはほとんど変わりません。

デメリットはUQの場合はプロバイダーに端末料金を一括か分割で支払う必要があり、現行のWiMAX2の端末代金よりも高めに設定されています。

5Gは3日で15GBに設定されている

WiMAXでは制限として月間の制限はありませんが、5Gのプランではあるのでしょうか。

WiMAX+5Gでは月間のでの縛りはなく、WiMAX2と同じ制限となっています。

WiMAX2の3日間での制限は10GBですが、+5Gの場合は15GBとなっています。

さらに、+エリアモードとして、LTEが使えていましたが、こちらの制限も月間7GBから月間15GBになっています。

制限が適用される時間帯も、WiMAX2と同じく夕方六時から夜中の二時までとなっています。

朝から昼のビジネスシーンの時間帯には制限がかからないので、ズーム会議やスカイプ会議などにはもってこいだといえるでしょう。

WiMAX+5Gの回線スピードについて

WiMAX+5Gのダウンロード理論値は、最大で2.7Gbpsとなっていますが、WiMAX2より相当早いスピードです。

現行のWiMAX2の最先端の端末であるW06で接続した最速スピードは1.2Gbpsとなっていますが条件があります。

WiMAX2のモバイルルーターで接続すると約800Mbpsくらいだといわれていますが、WiMAX+5Gの通信速度がどれだけ速いかがわかります。

既存のWiMAXと5GのWiMAXでは何が違うのでしょうか

現在のWiMAX2と、新サービスのWiMAX+5Gではどれくらいなにが違うのでしょうか。

WiMAX+5Gの一番のポイントとしては、5Gの回線網に接続できることと、制限が15GBになったところではないでしょうか。

現在のWiMAXの最大ダウンロードスピードは1Gbps前後くらいですが、WiMAX+5Gは2Gbpsくらいとなっています。

現行のWiMAXと5Gの料金プランを比較すると、ほぼ同じくらいの金額となりますが、端末が高くなっているのがデメリットですね。

WiMAX+5Gのプロバイダの実質月額料金を比較!

WiMAXの本家本元のUQ以外のプロバイダーがどれくらい+5Gを提供しているのかというと、まだまだというところですね。

WiMAX+5Gのプロバイダー各社のスペックについていろいろとまとめましたので参考にご覧ください。

UQと同じような料金プランで提供しているところに、ビックカメラやエディオンやヨドバシカメラなどがあります。

下の一覧表は、WiMAX5Gに最初に適用できるキャンペーンなどを適用したあとの実質的な支払額を表示しています。

★GMOとくとくBB

実質月額費用:4,668円 基本月額料金:4,631円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額費用:4,834円 基本月額料金:4,500円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★Broad

実質月額費用:4,899円 基本月額料金:4,763円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額費用:5,645円 基本月額料金:4,378円 事務手数料:3,300円 端末代:21,912円 契約期間:1年

WiMAX+5Gで一番得するところとは?

WiMAX+5Gをサービス開始しているプロバイダーはまだ少ないのですが、ランキングは以下のようになっています。

第1位 VISION WiMAX+5G

VISIONはいろいろな割引を使うことにより業界最高クラスのお得さで利用できます。

特徴

特徴1,3年間での実質月額3,848円

特徴2,契約初月の日割り料金が無料!

特徴3,解約金&違約金が条件ありで無料

特徴4,初期費用無料

特徴5,モバイルルーター端末無料

第2位 カシモ WiMAX+5G

実質的な費用という点においてはカシモがかなり優秀なプロバイダーでしょう。

なお、UQや家電量販店で5Gを契約すると端末代金がかかってしまいます。

特徴

特徴1,実質月額4,000円

特徴2,月額割引キャンペーンあり

特徴3,初期費用3,300円

特徴4,端末料金無料

WiMAXはなんとレンタルもできます!

トライWiMAXは契約する前に、WiMAXの端末を2週間くらい無料で使えるレンタルサービスです。

WiMAXはほとんどのプロバイダーで2,3年くらいが契約年数になっています。

なので、一旦契約してしまうと解約期間に達しないまま解約してしまうと違約金が発生してしまいます。

必ず全国どこでもカバーしているわけではないので、住居の形態などにもよっていろいろな要因でつながりにくかったりもするので、試してみるのもおすすめです。

以下のような人はまず最初にtryWiMAXを使ってみましょう。

1,WiMAXの圏内に入っているけど密接した住宅地帯だからつながるか不安な人

2,理論値でいわれているような回線の安定性があるかどうかを試したい人

3,パソコンからの利用だけではなくて、ゲーム機や家電などにも接続可能かどうかを確かめたい

なお、GMOとくとくBBでもトライWiMAXがあります。

GMOとくとくBBでは、約3週間以内なら返品可能なので、満足な通信ができなかったという場合は返品することができます。

GMOとくとくBBなら安定的な通信が確保できたらそのまま継続的に使用できるので便利ですね。

法人での契約はできる?

WiMAXを契約するときには個人と法人でいくつかのパターンがあります。

一つ目の違いは契約方法が違います。2つめは契約にかかるキャンペーンの内容、3つめは支払い方法です。

最初の契約の流れとしてほとんどのプロバイダーで次のような契約の流れがあります。見積もりから申し込み、契約、支払い方法選択。

法人契約は個人契約のように1,2台数ではなくて、何十台も契約するので、まず最初の見積もりがとても大切になってきます。

また他にも、個人と法人での窓口は全然違うので、法人で申し込みをしたいときは、法人専用の窓口から申し込みをしましょう。

見積もりが終わって本契約が完了したら支払をしてすべての作業が終わります。

WiMAXなら法人でもキャンペーンが適用される

法人契約のキャンペーンはWiMAXのプロバイダーによって違いがあります。

GMOとくとくBBの場合だったら、キャッシュバックでのキャンペーンはありません。

代わりといっては何ですが、法人の場合は月額割引が用意されているので、かなり安く大量に契約することができます。

なぜ法人契約でキャッシュバックがないのかというと、台数が多いので複雑になりすぎてしまうからなんです。

次に支払い方法の違いですが、GMOとくとくBBの場合を例に取ってみると、個人契約をするときはクレジットカード払いだけとなっています。

法人での支払い方法は口座振替などもあり、多彩な支払い方法が用意されています。

WiMAXのおさらい

ここまで、WiMAXのおすすめのプロバイダーや選び方や料金プランなど、メリットデメリットについてあらゆる切り口から検証してきました。

ここまで当サイトをご覧いただいて、WiMAXのそもそもコスパや機能性や他の回線とのメリットデメリットなどについて理解していただけたのではないでしょうか。

最後の最後に総ざらいとして、一番優秀なプロバイダーを掲載しておきますので、WiMAXをこれから契約を検討している人はぜひこのプロバイダーから申し込みましょう。

おすすめ第1位はなんといっても「VISION」

数あるプロバイダーの中でも最強にお得なのが「VISION」です!

VISIONをおすすめするポイントは以下になります。

1,各種割引を使って実質的な月額が最安!

2,モバイル端末を最速で発送してくれるからすぐにネット環境が手に入る

3,最先端の端末が最安か無料で利用できる!

4,他者からの乗り換え時がお得に使える

ポイント

ポイント1 3年契約の実質月額約3800円

ポイント2 最初の端数日割りが無料になる

ポイント3 違約金や解約金がかからない!

[487行目]

[488行目]